なにはともあれハ長調

音楽は「移動ド」で聴きます

チューナーの電池もちの話の続き

ウクレレに取り付けているクリップチューナーの話。
去年の暮れに替えたばかりなのに、先日電池切れサインが出て電池を替えた話を書いた。
去年の暮れの交換時は実際に電池切れを起こしてたようだが、今年に入ってからのものは間違いだったんじゃないかという気がしている。交換したあとも電池切れサインが出ていたからだ。このことは前回書いた。
で、そのまま電池は交換せず放置しておいた。
1月からだから、もう3ヶ月経つけどまだ普通に使えている。しかもいつの間にか電池切れサインが出なくなっていた。なので1月頃の電池切れサインは間違いだったと思う。
気温が低いと間違ったサインが出てしまうのかな?理由はよくわからないけど、サインが出ただけですぐに交換しなくてもいいのかも知れない。予備の電池をウクレレケースに入れておけばいい話のような気がする。
でも万が一演奏中に使えなくなったら困るしねぇ、電池一個でケチケチすんなよという話かもしれないが(^_^;)