なにはともあれハ長調

気が向いた時だけ書きます

万年筆は立てて書くか寝かせて書くか

万年筆=ペンを寝かせ気味に書くもの。
と思ってました。
寝かせて書くのが一番書きやすいものなのだと思っていました。
でも僕はかなり立てて書きます。垂直に近いくらい。だから僕の場合、邪道なのかもしれないなと思っていました。
自分でしっくりくる角度を探したら立った…ので、仕方がない。
細い線が好きなのです。
立てて書くとすごく細くなるから自然と立てるようになったんだと思います。
最初に買ったのがLAMYのSafariのEFです。思ったより太く感じました。だから立てる癖がついたのかも。
で、こないだスケルトンのプレラの細字を使い始めて、立てなくてもまあまあ細く書けるんだけど、結局立てて書いてます。
もう一つの理由は、傾けると字が下手になるからのようです。いや、立てても下手ですけど。でも立てた方がマシです。

万年筆のことについて書いているサイトやブログを色々読んで、
立てて書いても別に邪道ではないことがわかりました。別に邪道でも良かったんですけどね。